2017/09/16 12:00

リリー・フランキー「パーフェクト・レボリューション」でキス初挑戦!でも「2時間泣いた」

ジョークを飛ばしつつ熱い思いを吐露
ジョークを飛ばしつつ熱い思いを吐露

 [映画.com ニュース] 実話を基に、ハンディキャップを持つ男女が“究極の愛”を育む姿を描いた「パーフェクト・レボリューション」のトークイベントが9月15日、都内で行われ、出演者のリリー・フランキーと下村愛、主人公のモデルになった熊篠慶彦氏、松本准平監督が出席した。

 障がい者の性への理解を求めて活動する熊篠氏をモデルに、車いす生活を送りながら行動を続けるクマ(リリー)と、精神に障がいを抱える風俗嬢ミツ(清野菜名)のハチャメチャな恋を、ユーモアを交えながら描く。「最後の命」で知られる松本准平監督がメガホンをとり、小池栄子、岡山天音、余貴美子らが脇を固めたほか、ロックバンド「銀杏BOYZ」が人気曲「BABY BABY」を提供している。

 リリーは、「ここ20年くらい『スーパーマリオブラザーズ』の鼻歌を1日1回歌うのが癖になっているんですが、菜名ちゃんはコインの音(まね)を重ねてきた。センスいいなあって。撮影でも、もっとイタくしたほうがいいよ、って言ったらどんどん出してくる」と清野を絶賛。ミツのキャラクターに関しては、「ヒロインには打算があってはいけない。恋愛映画の基本じゃないですか。ミツはイタい女だけど、ミューズになっていく。ずっと介助されていたクマが、心の介助をしようと思うんです」とキャラクターの内面を解説した。だが、本作で初めて挑んだというキスシーンでは「2時間くらいロケバスで泣いちゃって撮影を止めてしまった……ショックすぎて」と明かし、会場は笑いに包まれた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >