2017/09/16 16:00

志田彩良、長編初主演作公開に満面の笑み 家族も知らない“秘密”を告白

満面の笑みを浮かべる志田彩良
満面の笑みを浮かべる志田彩良

 [映画.com ニュース] 新鋭・澤田サンダー監督の商業映画デビュー作「ひかりのたび」が、東京・新宿K's cinemaで封切られ、澤田監督のほか、主演の志田彩良、共演の高川裕也、瑛蓮、杉山ひこひこ、萩原利久、鳴神綾香が同館での舞台挨拶に出席した。長編映画初主演を飾った志田は「さっきまで公開初日という実感が湧かなかったんですけど、今はじわじわと湧いてきて、すごくドキドキしています。たくさんの方にこの作品が届くんだと思うと、嬉しい気持ちでいっぱいです」と満面の笑みを浮かべていた。

 群馬県・中之条市を中心に撮影が行われた本作は、伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞2015中編の部大賞受賞作。外国人に日本の土地を“売り飛ばしてきた”不動産ブローカーの父・植田登(高川)と、各地を転々としたことで失われた“故郷”を思う高校生の娘・奈々(志田)の物語を、オールアフレコ&モノクロ映像で描いている。

 「一生忘れられない作品」と本作を説明した志田に同調するように、高川は「脚本の第1稿を読んだ時、打ちのめされるような衝撃を受けたんです。きっといい映画になると確信した」と澤田監督の才能を絶賛。「脚本のなかに気に入ったト書きがありまして『風が吹いて、その風を形づくるように、稲穂が倒れる』というもの。そこで“電気”が走った」と話すと、澤田監督はいくつかのシーンを高川のアドバイスによって流れを変更したことを明かした。だが、高川はその事実をド忘れしていたようで「そうなの?」と驚きの表情。澤田監督の「そうですよ!」というツッコみを受け、「どうも、脚本協力の高川です」と挨拶し、場内の笑いを誘っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >