2017/09/18 05:00

マーク・ウェブ監督、ヘイト団体「ウエストボロ・バプティスト教会」を映画化

マーク・ウェブ監督 Photo by Theo Wargo/Getty Images
マーク・ウェブ監督 Photo by Theo Wargo/Getty Images

 [映画.com ニュース] マーク・ウェブ監督(「(500)日のサマー」「アメイジング・スパイダーマン」シリーズ)が、作家・脚本家のニック・ホーンビィ(「17歳の肖像」「ブルックリン」)と組み、米カンサス州トピカを拠点とするヘイトグループ「ウエストボロ・バプティスト教会」の実態を描くことがわかった。

 米Deadlineによれば、新作「This Above All(原題)」はウエストボロ・バプティスト教会の創立者フレッド・フェルプスの孫娘で、元教会メンバーのミーガン・フェルプス=ローパーの実話をもとにした作品。まもなく出版されるフェルプス=ローパーの回顧録と、ジャーナリストのエイドリアン・チェンが執筆したニューヨーカー誌の記事を題材に映画化する。

 ウエストボロ・バプティスト教会は、その名に反して従来のバプティスト教会とは関連がない。LGBTや異教徒の人々に対する憎悪、過激な人種差別活動で知られており、殺害された同性愛者やエイズで亡くなった人々、戦争で亡くなった兵士たちの葬儀に出向いてはピケを張り、死者や遺族を侮辱するスローガンを叫んできた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >