2017/09/18 17:00

ワーナーが女性キャスト版「蠅の王」の映画化を準備

女性キャスト版「蠅の王」を準備中 写真:Everett Collection/アフロ
女性キャスト版「蠅の王」を準備中 写真:Everett Collection/アフロ

 [映画.com ニュース] 米ワーナー・ブラザースが、ウィリアム・ゴールディングの小説「蝿の王」の3度目の映画化を準備していると、Deadlineが報じた。

 「蝿の王」は、無人島に漂着した少年たちが野生に目覚め、理性と秩序を失っていくという物語。これまでに、ピーター・ブルック監督作(1963)、ハリー・監督作(90)と2度にわたって映画化されている。

 ワーナーはこのほど、ICMパートナーズと共同でゴールディングの資産運用団体から映画化権を獲得。「ディープ・エンド」(2001)、「メイジーの瞳」(12)などを手がけたスコット・マクギーとデビッド・シーゲルの監督コンビに脚本執筆とメガホンを依頼した。

 これまでの映画化とは異なり、主人公を少年から少女に変更するそうで、「より現代的な物語にしたい」とシーゲルは話している。さらに、「素晴らしい冒険物語で真の意味でエンタテインメント作品ですが、そこにはさまざまな意味合いが織り込まれています」とマクギーも明かしている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >