2017/09/20 12:00

曽利文彦監督&山田涼介「鋼の錬金術師」で得た、大いなる手応え

撮影中の曽利文彦監督
撮影中の曽利文彦監督

 [映画.com ニュース] 荒川弘氏の人気漫画を「Hey! Say! JUMP」の山田涼介主演で実写映画化する「鋼の錬金術師」が、12月1日から全国で公開される。約1年間に及ぶVFX処理などのポストプロダクションも、いよいよ大詰め。劇中カットやポスターが公開され始めているが、映画.comでは昨夏、都内のスタジオで行われていた撮影現場を取材。メガホンをとった曽利文彦監督と山田が、今作にかける思いとともに手応えのほどを語った。

 全世界シリーズ累計発行部数7000万部を突破した同名コミックが原作。物質を変化させる“錬金術”が中心の世界を舞台に、失った母親を生き返らせるため人体練成の禁忌を犯したエド&アル兄弟が、絶大な力を秘めた賢者の石を求めて旅する姿を描く。

 「タイタニック(1997)」にCGアニメーターとして参加したキャリアを持つ曽利監督は、イタリアで敢行したロケについて「『鋼の錬金術師』の世界観が求めていた、背景という質感みたいなものが手に入った」という。さらに、「この衣装を着て日本で撮影した場合、浮き上がってしまうんじゃないかと心配していましたが、イタリアの古い町並みの背景にエドが立った瞬間、映画の方向性がバチっと決まったなと。導入部としてはやりやすかった」と語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >