2017/09/20 12:00

「world's end girlfriend」の音楽がきらめく「星空」日本版予告編完成

台湾の人気絵本作家のベストセラーを映画化 (C)HUAYI BROTHERS MEDIA CORPORATION TOMSON INTERNATIONAL ENTERTAINMENT DISTRIBUTION LIMITED FRANKLIN CULTURAL CREATIVITY CAPITAL CO., LTD ATOM CINEMA CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED
台湾の人気絵本作家のベストセラーを映画化 (C)HUAYI BROTHERS MEDIA CORPORATION TOMSON INTERNATIONAL ENTERTAINMENT DISTRIBUTION LIMITED FRANKLIN CULTURAL CREATIVITY CAPITAL CO., LTD ATOM CINEMA CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED

 [映画.com ニュース] 「九月に降る風」「百日告別」のトム・リン監督が台湾の人気絵本作家ジミー・リャオ氏のベストセラーを映画化した「星空」の日本版予告編が、このほどお披露目された。

 本作は2012年の大阪アジアン映画祭の特別招待作品として上映され、一般公開が熱望されながらも、それ以降は日本の版権の所在が不明とされてきた幻の作品だ。様々な美術品が並ぶ家で育った13歳の少女(リン・フイミン)は、美術商である両親の離婚問題に悩み、心の支えだった彫刻家の祖父の死を経験したことで、孤独な日々を送っていた。だが、スケッチブックを待って街をさまよう不思議な転校生の少年(シュー・チャオ)と交流を深めたことで、“星空”を見るための旅の出る。

 主演は「ミラクル7号」でチャウ・シンチーの息子役に挑戦したシュー・チャオ、本作で映画初出演を飾ったリン・フイミンが務め、人気バンド「Mayday」のシー・チンハン、「薄氷の殺人」のグイ・ルンメイが特別出演。撮影は「捜査官X」「GF*BF」のジェイク・ポロックが撮影を担当するほか、前田勝彦によるソロユニット「world's end girlfriend」(ゲストボーカリスト:湯川潮音)が音楽を手がけている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >