2017/09/21 22:43

市原隼人、永作博美との“初デート”は「超可愛かった」

法廷ミステリー小説をドラマ化
法廷ミステリー小説をドラマ化

 [映画.com ニュース]女優の永作博美が9月21日、東京・飯田橋の神楽座で行われた、主演作「連続ドラマW 沈黙法廷」の完成披露試写会に、共演の市原隼人、田中哲司とともに出席した。

 「廃墟に乞う」「警官の血」「笑う警官」などで知られる直木賞作家・佐々木譲氏の法廷ミステリー小説をドラマ化。物語は、警察、弁護士、マスコミなどの視点を通じ、連続殺人事件の容疑者となった女・山本美紀(永作)の本性を検証する形で進んでいく。東京都北区・赤羽で、老人の絞殺体が発見され、家事代行業・山本美紀が捜査線上に浮上する。複数の不審死に関与していた疑いのある美紀に対して、マスコミは連続殺人犯として過熱報道を繰り返すように。やがて法廷で真実が暴かれようとしたとき、美紀は証言台で突然口を閉ざしてしまう。

 美紀の恋人・高見沢弘志役の市原は、自身の役どころを「高見沢は常に美紀さんを追い求めている」と説明し、そのうえで「現場で永作さんと会うのが素直に嬉しかったです。魅力的な方。屈託のない笑顔が大好き」とニッコリ。「永作さんとの初めての撮影がデートのシーンだったのですが、『恥ずかしいね』と言う永作さんが超可愛かったです。初日からもっていかれました」と力説すると、永作は「恥ずかしいですよね」と照れ笑いを浮かべていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >