2017/09/22 08:00

“仏文学界のマリリン・モンロー”の生涯描く「ネリー・アルカン」ポスター&予告公開

「ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で」ポスター画像 (C)FILM NELLY Inc.2016
「ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で」ポスター画像 (C)FILM NELLY Inc.2016

 [映画.com ニュース]2009年に36歳の若さで他界したカナダ・ケベック州出身のベストセラー作家、ネリー・アルカンの生涯を描いた映画「ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で」の予告編と、セクシーなドレスにサングラス姿で会見を行うネリー(マイリーン・マッケイ)の姿を切り取ったポスター画像がお披露目された。

 1973年生まれのアルカンは、高級エスコートガールだった自身の過去をモデルに描いた自伝的小説「Putain(原題)」で文壇デビューし、センセーションを巻き起こす。“仏文学界のマリリン・モンロー”とうたわれる存在になるが、09年に自身のアパートで首つり自殺をしていることころを発見され、短い生涯を閉じた。

 映画では、そんなアルカンの激動の人生と、エロティックで過激な小説の世界を描く。アルカンの作風である過激さを再現する一方で、その裏側にある愛への渇望や孤独、苦悩といった人間の普遍的な感情を細やかに描き、性と生に翻弄されたひとりの女性としての実像を浮かび上がらせる。一夜限りの濃密な情事を官能的に描いた「ある夜のセックスのこと モントリオール、27時」のアンヌ・エモンがメガホンをとった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >