----------->> 楽天イーグルス応援キャンペーン!楽天スーパーポイント100,000ポイント山分け! <<-----------
2017/09/23 11:00

N・ポートマン&L=R・デップ共演作「プラネタリウム」監督 仏映画界での女性監督の立場を語る

(C)Les Films Velvet - Les Films du Fleuve - France 3 Cinema - Kinology - Proximus – RTBF
(C)Les Films Velvet - Les Films du Fleuve - France 3 Cinema - Kinology - Proximus – RTBF

 [映画.com ニュース]オスカー女優ナタリー・ポートマンと、世界が注目するサラブレッド、リリー=ローズ・デップが姉妹役を演じる話題作「プラネタリウム」が公開された。スピリチュアリストの姉妹が、ある映画プロデューサーから世界初の心霊映画の製作を持ちかけられ、運命を狂わせていくさまを描く物語だ。来日したフランスの女性監督レベッカ・ズロトブスキに話を聞いた。

 知的で詩的、ノスタルジックな物語であると同時に、様々なメタファーが込められた作品だ。「私自身、監督である前に脚本家なので、演出よりも言葉が先に来るのです。比喩的な部分や、詩的な部分はまず言葉から生まれてくるのです。フィクショナルな部分が私には重要です。特に、今、ヨーロッパがダークな時代で、暴力的になったり、差別的になったりと、これまで積み上げてきた歴史が、崩れかけていると感じます。そういう危機感からこのストーリーが生まれました」

 主演のポートマンとは、映画監督になる以前から付き合いがある友人だったという。「リリー=ローズは、ナタリーが私に写真を送ってきて、妹役にどうだ?って紹介してくれたの」という。「会った瞬間に、ナタリーと似ていると思った部分もあるし、いろんな共通点があるから、ぴったりだと思ったのよ。今回の作品に関しては、とてもキャスティングが楽でした」と振り返る。そして、ポートマンの魅力をこう語る。「彼女は好奇心旺盛で、ヨーロッパの文化や祖先についても興味があるのです。お互いユダヤ人だということも共通しています。あと、彼女はとてもシネフィルで、ハリウッド女優で、あそこまで外国のインディペンデント系の映画に興味を持つ人は多くないと思うんです。あとは、女優である前に、考える頭の良い人。今、地球で起きていることに興味があり、アーティストでもある部分がお互い共鳴しています」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >