2017/09/23 12:00

行定勲監督&高良健吾、熱いトーク展開 ニューヨークで新作を撮る構想も

 [映画.com ニュース] 新作映画「ナラタージュ」の公開(10月7日)を控えている行定勲監督の初のエッセイ集「きょうも映画作りはつづく」の刊行記念イベントが9月22日、東京・西武池袋本店で行われ、行定監督と俳優の高良健吾がトークを繰り広げた。

 同エッセイは2001~03年、07~17年までの13年間、行定監督の故郷・熊本のタウン情報誌、通称「タンクマ」に連載されたコラムを編集したもの。「映画監督の日常というものは」というコラムにはじまり、「GO」「パレード」「ピンクとグレー」などの創作秘話、世界の映画祭の話、役者やプロデューサーたちとの出会いと別れ、舞台演出の挑戦、菊池映画祭、熊本地震の記憶など、映画への熱い想いと苦悩が綴られている。

 この日は、同郷で行定監督と縁の深い高良が対談相手として招かれた。エッセイを読んだ高良は、「まだ見ていない映画を見ている感じでした。行定さんはずっと色々な種を撒き続けていて、それが僕にも届いていたと思うと、読んでいて涙が出てきました」と感想を語った。行定監督と高良は、BeeTV「女たちは二度遊ぶ」、WOWOW連続ドラマ「平成猿蟹合戦図」、映画「うつくしいひと」「うつくしいひと サバ?」でタッグを組んでいるが、実は高良は「タンクマ」の高校生スタッフとしてアルバイトをしていた経験があり、監督と俳優として出会う前から同郷だけではないつながりがあった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >