2017/09/26 15:15

文豪・谷崎潤一郎作品原案の映画3本が18年に公開 キャストに渋川清彦、戸次重幸ら

内田慈、片山萌美、淵上泰史、でんでん、 吉村界人、大野いとら共演
内田慈、片山萌美、淵上泰史、でんでん、 吉村界人、大野いとら共演

 [映画.com ニュース] 近代日本文学を代表する文豪・谷崎潤一郎の短編小説を基に、気鋭の監督3人が実写化に挑んだ映画「神と人との間」「富美子の足」「悪魔」が、2018年に劇場公開されることがわかった。各作品のキャストには渋川清彦、戸次重幸、内田慈、片山萌美、淵上泰史、でんでん、吉村界人、大野いとら、個性豊かな面々が名を連ねている。

 「痴人の愛」「細雪」「春琴抄」などで知られる谷崎の短編小説のなかから、年齢もキャリアも異なる3人の映画監督が「これぞ」という作品を選び映画化。人間の業ともいえるマゾヒズムやフェティシズムを凝縮した物語を原案に、現代劇としてよみがえらせている。

 「グレイトフルデッド」「下衆の愛」などが国内外で高く評価された内田英治監督は、「神と人との間」の演出を担当。「下衆の愛」「お盆の弟」の渋川と演劇ユニット「TEAM NACS」の戸次がダブル主演、内田慈が共演し、いわゆる“細君譲渡事件”をモチーフに描く。内田監督は「(谷崎の)親友である作家・佐藤春夫と、谷崎の妻・千代を巻き込んだ大正の一大スキャンダル『細君譲渡事件』をいつか描きたいと思っていました。この最低で、しかし人間味溢れる三角関係をベースにした小説が『神と人との間』です。マゾヒスト的な、一方ではサディスト的なぐだぐだな恋愛。しかしそれもまた愛の形であり、谷崎にしか描けない世界観なのです」とコメントを寄せた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >