2017/09/26 17:23

瀬々敬久監督&大九明子監督、TIFFコンペに意欲十分 原恵一監督は特集上映作への思いを熱弁

第30回東京国際映画祭は10月25日開幕
第30回東京国際映画祭は10月25日開幕

 [映画.com ニュース] 第30回東京国際映画祭のラインナップ発表会見が9月26日、東京・六本木ヒルズアカデミーヒルズで行われ、コンペティション部門に選出された「最低。」の瀬々敬久監督、出演の森口彩乃、佐々木心音、山田愛奈、「勝手にふるえてろ」の大九明子監督、特集上映「映画監督 原恵一の世界」で参加する原恵一監督が登壇した。

 88の国と地域から1538本の作品が集ったコンペティション部門。日本から選ばれた「最低。」は、人気AV女優の紗倉まなの同名小説を原作とし、境遇も年齢も性格もバラバラながら、それぞれAVと関わりを持つ3人の女性の生きざまを描く。一方「勝手にふるえてろ」は、人気女優・松岡茉優の映画初主演作。恋愛経験のない主人公のOLが2つの恋に悩み暴走するさまを映し出す。

 「原作はAV業界の裏話的なものではなくて、AV女優さんを取り巻く日常をち密に描いている」と語った「最低。」の瀬々監督は、「これまで性愛の世界といえば、別の世界の話のように思えましたが、現代ではAVと日常は非常に近い関係性。今の日本の現状、これもまた普通の生活なんだというものを描いてみようとした」と作品の意図を明かした。また撮影中には、思わぬハプニングあったようで「プールに落ちるというシーンを撮っている最中、佐々木心音さんが脳震とうを起こして、病院に担ぎ込まれてしまったんです。実際にそういう内容のシーンだったんですが、映画が現実になってしまった。慌てました。佐々木さん、本当にすいませんでした!」と平謝り。必死の謝罪を受けて恐縮していた佐々木は「生きています(笑)」と切り返していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >