2017/09/27 11:00

バレンティノの美しい衣装で魅せる「ソフィア・コッポラの椿姫」予告編完成

ソフィア・コッポラのオペラ初演出作を映像化 Photo (C)Yasuko Kageyama
ソフィア・コッポラのオペラ初演出作を映像化 Photo (C)Yasuko Kageyama

 [映画.com ニュース] ソフィア・コッポラのオペラ初演出作「ラ・トラビアータ(原題)」のローマ歌劇場公演を映像化した「ソフィア・コッポラの椿姫」の予告編が、このほど公開された。

 イタリアの作曲家ジュゼッペ・ベルディの悲恋オペラ「椿姫」は、パリ社交界の高級娼婦ビオレッタが真実の愛を知り、恋人アルフレードとともにたどる運命を描いた作品。イタリアのファッションブランド「バレンティノ」の創業者であるバレンティノ・カラバーニが、コッポラ監督作「マリー・アントワネット」(2006)に感銘を受けて演出をオファーし、16年に本公演が実現した。

 コッポラをはじめ、スタッフは実力派が結集しており、カラバーニ自身がビオレッタのドレスをデザインし、その他の衣装もカラバーニの指示のもとバレンティノのスタッフが担当。さらに「プレステージ」「ダークナイト」「インターステラー」でアカデミー美術賞にノミネートされたネイサン・クロウリーが舞台美術を手がけ、ミラノ・ジュゼッペ・ベルディ交響楽団のアソシエイトコンダクターの経歴を持つヤデル・ビニャミーニが指揮を務めた。

 予告編は、大階段での歌唱シーンなどを収めており、豪華絢爛(けんらん)な衣装と舞台美術を堪能することができる。中盤のメイキング映像では、コッポラが「演出するにあたり、映画監督の経験が役に立ちました。“直感を信じる”ということです」と本作に対する思いを明かしている。

 「ソフィア・コッポラの椿姫」は、10月6日から東京・TOHOシネマズ日本橋で2週間限定上映。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >