2017/09/27 17:00

AVと関わりを持つ女性の生き様 東京国際映画祭コンペ部門出品「最低。」泉まくらの主題歌が彩る予告編

原作は人気AV女優の紗倉まなによる同名小説 (C)2017KADOKAWA
原作は人気AV女優の紗倉まなによる同名小説 (C)2017KADOKAWA

 [映画.com ニュース]第30回東京国際映画祭(10月25日~11月3日)のコンペティション部門に選出された瀬々敬久監督作「最低。」の予告編が、このほどお披露目された。瀬々監督から直々に指名されたヒップホップMC・泉まくらの書き下ろし主題歌「ふちどり」が、性格も境遇もバラバラながら、それぞれAVと関わりを持つ女性3人の日常を彩っている。

 人気AV女優の紗倉まなによる同名小説を、「ヘヴンズ ストーリー」「64 ロクヨン」などを手がけた瀬々監督のメガホンにより映画化。果てしなく続く日常に耐え切れず、新しい世界の扉を開く平凡な主婦・美穂(森口彩乃)、家族から逃げるように上京しAV女優として多忙な日々を送る彩乃(佐々木心音)、自由奔放な母親に振り回される女子高生・あやこ(山田愛奈)の3人が、AVとの関わりをきっかけに“性愛”や“家族”と向き合う姿を描き出す。

 第30回東京国際映画祭コンペティション部門には、88の国と地域から1538作品がエントリー。「最低。」は、大九明子監督作「勝手にふるえてろ」とともに、審査対象となる15作品の1本に選ばれている。同映画祭のプログラミングディレクター・矢田部吉彦氏は「愛を求める女性たちが、愛の介在しないセックスを扱うAVに人生をゆだねる。その是非は問わず、現代女性の生き方の選択肢を描く『最低。』は真っ直ぐな人間ドラマであり、正直な描写は保守化した日本映画に風穴を開けるだろう。瀬々敬久監督にしか撮れない傑作だ」とコメントを寄せている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >