2017/09/27 20:19

松本潤“一生に一度の恋”を熱弁する行定勲監督に「妄想が激しいですね」

島本理生氏の恋愛小説を映画化
島本理生氏の恋愛小説を映画化

 [映画.com ニュース]島本理生氏の恋愛小説を、松本潤(嵐)と有村架純の共演で映画化した「ナラタージュ」の公開直前イベントが9月27日、東京・恵比寿ガーデンホールで行われ、松本と有村をはじめ、坂口健太郎、メガホンをとった行定勲監督が出席。「『一生に一度の恋をした人』限定! スペシャル試写会」と銘打たれた同イベントには、ドレスコードである“黒の衣装”を着用した観客が集結。松本らは“一緒に一度の恋”を経験した観客のエピソードのなかから、それぞれが心に響いた話を厳選した。

 行定監督が選んだのは、1年に2回、親戚の集まりの場でしか会えない従兄への恋心を明かしたエピソード。選んだ理由を問われた行定監督はとにかく「エロい」と前置きしたうえで「『ナラタージュ』は先生と生徒という関係がスタンダードなんですが、社会的に抑圧される関係性。ラブストーリーは障害があればあるほど燃え上がるんです。これはかなり燃え上がる」と説明。“親戚の集まり”という点にもグッときたようで「酔っ払ったおじさんを2人で介抱したりして。ぐーぐー寝てるおじさんを横にキスなんかしたくなっちゃたりしてさ」と妄想を爆発させると、松本は「(話が)どんどん膨らむじゃないですか!」「妄想が激しいですね(笑)」とツッコミを入れていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >