2017/09/27 22:00

「恋と嘘」森川葵、女子中高生とガチ“恋愛トーク”「恋愛に学ぶことたくさんある」

漫画アプリ連載中の人気コミックを映画化
漫画アプリ連載中の人気コミックを映画化

 [映画.com ニュース]漫画アプリ「マンガボックス」で連載中のムサヲ氏による人気コミックを映画化した「恋と嘘」の上映イベントが9月27日、東京・渋谷の少ゲート試写室で行われ、主演の森川葵がサプライズ登場した。女子中高生約50人の歓声で迎えられた森川は、「皆さんの前に急に現れたのに、『キャー!』となってくれて良かったです」と笑顔を見せた。

 政府が遺伝子情報などをもとに、最良の結婚相手を決める近未来の日本が舞台。16歳の誕生日に届く結婚相手を記した“政府通知”を心待ちにしている女子高生・仁坂葵(森川)が、心優しい幼なじみ・司馬優翔(北村匠海)と、政府が選んだミステリアスなパートナー・高千穂蒼佑(佐藤寛太)の間で揺れ動き、究極の決断を迫られる様子を描いた。

 森川は「政府通知の最良の結婚相手を、見てみたいですよね。どういう人が合っているのか、自分でもわからない。それを知りたいから、会ってみたい」と持論を明かしたうえで、「政府通知、どう思います? 皆さん、ちょうど届くくらいの年齢じゃないですか」と問いかける。1人の館客が「好きな人がほとんどできたことがないので、政府通知はありだと思う」と語ると、森川は「恋愛をしないなんて、もったいない!」と声を上げた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >