2017/09/29 11:00

女性同士の切ない恋愛… 新鋭・日比遊一監督初の劇映画「ブルー・バタフライ」予告披露

モノクロ&カラーでアメリカの現実描く (C)ZZYZX STUDIO
モノクロ&カラーでアメリカの現実描く (C)ZZYZX STUDIO

 [映画.com ニュース] 故高倉健さんの姿に迫ったドキュメンタリー「健さん」を手がけたことで知られる、日比遊一監督による初の劇映画「ブルー・バタフライ」の日本版予告が、このほど披露された。荒れた生活を送る女性ヤズが、ある女性との恋愛に救いを求める姿が、モノクロとカラーを織り交ぜながら映し出されている。

 「健さん」では、第40回モントリオール世界映画祭ワールド・ドキュメンタリー部門の最優秀作品賞、第26回日本映画批評家大賞ドキュメンタリー賞に輝いた日比監督。故デニス・ホッパーさんや写真界の巨匠ロバート・フランクらに認められ、ニューヨークを拠点に活躍する写真家としての顔も持つ新鋭監督だ。

 今作は、日比監督が実話に着想を得て映画化。社会の底辺でもがき苦しむ主人公たちを通し、舞台となるアメリカの現実を描き出した。義父から性的暴行を受けて育った主人公の女性・ヤズは、本来の柔和な性格が一変し、心優しい義兄マニーを利用しながら酒やドラッグに身を任せる荒んだ生活を送っていた。マニーはヤズを守るために犯した罪で仮釈放の身だが、困った時に頼ってくる義妹をなんとか支えようと必死だ。やがて息子を亡くした保護観察官ブレナーがマニーを立ち直らせようとするが、ヤズの荒れ狂った行動はさらにエスカレートしていく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >