2017/09/29 18:00

「ブレードランナー 2049」に直結!新たなレプリカントの台頭を描く短編映像が公開

ジャレッド・レトが謎めいた科学者を演じる
ジャレッド・レトが謎めいた科学者を演じる

 [映画.com ニュース] SF映画の金字塔「ブレードランナー」(1982)と続編「ブレードランナー 2049」をつなぐ短編作品(全3作)の1エピソード「2036 ネクサス・ドーン」が、公開された。

 2019年を舞台にした第1作と49年が舞台の最新作の間に起こった事件を描く短編シリーズは全3作あり、22年に起こった大規模停電事件のてん末を描くアニメ作品「ブレードランナー ブラックアウト2022」に続き、36年の出来事を描いた本作、48年が舞台の「2048 ノーウェア・トゥ・ラン」となる。22年に起こった世界規模の停電で、財政や市場は世界的に停止、食物の供給は切迫。世の大半がその原因をレプリカントだと非難したことから、ついにはレプリカントの製造を禁止する法令が出された。

 「2036 ネクサス・ドーン」では、人工農法によって食糧難を解決する新たなエコシステムを開発し人類の救世主となった科学者ウォレス(ジャレッド・レト)が、以前レプリカントを製造していたタイレル社を買い取って新型レプリカントの製造を始め、“レプリカント禁止法”の廃止を目論むさまが描かれる。第1作を手がけ、本作では製作総指揮を務めるリドリー・スコットの息子、ルーク・スコットが監督を務めた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >