2017/09/30 12:00

永作博美「芝居をするのが怖かった」“沈黙”のなかで挑んだ難役

永作博美演じる主人公・山本美紀
永作博美演じる主人公・山本美紀

 [映画.com ニュース] 連続殺人事件の容疑者となった女は、法廷で口を閉ざした――。直木賞作家・佐々木譲氏のミステリー小説を、永作博美の主演で映像化した「連続ドラマW 沈黙法廷」が放送中だ。主人公・山本美紀は、老人の連続不審死事件に関わった疑惑の人物として、警察やマスコミ、そして世間の注目を集めていくが、何も語らず、沈黙を貫こうとする。そんな謎多き女に扮した永作は、「難役だった」と撮影を振り返る。「息をすること、言葉を発することすら怖かった」という繊細な役に挑んだ実力派女優が、役と向き合い、模索するなかでたどり着いた、“沈黙する女”の真実とは。(取材・文/編集部、写真/堀弥生)

 東京都北区・赤羽で、ひとり暮らしの老人の絞殺体が発見され、家事代行業の女・山本美紀が捜査線上に浮上する。複数の不審死に関与した疑いのある美紀に対して、マスコミは連続殺人犯として過熱報道を繰り返す。やがて法廷で真実が暴かれようとしたとき、突然、美紀は黙秘してしまう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >