2017/10/01 07:00

「第九」をバレエで表現したコンサートに迫る「ダンシング・ベートーヴェン」予告完成

天才振付家モーリス・ベジャールによる “踊るコンサート” (C)Fondation Maurice Bejart, 2015 (C)Fondation Bejart Ballet Lausanne, 2015
天才振付家モーリス・ベジャールによる “踊るコンサート” (C)Fondation Maurice Bejart, 2015 (C)Fondation Bejart Ballet Lausanne, 2015

 [映画.com ニュース] 2007年に死去した天才振付家モーリス・ベジャールが振り付けを手がけたバレエ公演「第九交響曲」の舞台裏に迫るドキュメンタリー「ダンシング・ベートーヴェン」の日本版予告編が、このほど公開された。ベジャールの軌跡を追った映画「ベジャール、そしてバレエはつづく」のアランチャ・アギーレが監督を務めた。

 ルートビヒ・バン・ベートーベンの「第九」をダンスで表現したバレエ公演「第九交響曲」は、1964年にブリュッセルのシルク・ロワイヤルで初演され、振り付けを担当したベジャール自ら「踊るコンサート」と表した総合芸術ステージ。20世紀バレエ史上に残る傑作と謳われながら、約80人のダンサー、オーケストラ、合唱団など、総勢350人に及ぶアーティストが結集した大規模なスケールゆえに、ベジャールの死後、再演は不可能と言われていた。

 そんななか、2014年に東京バレエ団、モーリス・ベジャール・バレエ団、世界的指揮者ズービン・メータ率いるイスラエル・フィルハーモニー管弦楽団の競演という一大プロジェクトとして、「第九交響曲」は復活を遂げた。その東京公演を追った本作は、幾度も行われたリハーサルに密着。“21世紀バレエ史上最高傑作”と評されたステージの裏側にある、人間ドラマを浮き彫りにしていく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >