2017/10/02 05:00

韓国のヒット作「サニー」の日本版を大根仁が撮る!主人公の現在は篠原涼子、過去は広瀬すず

人物相関図
人物相関図

 [映画.com ニュース] 韓国で2011年に観客動員740万人を記録した「サニー 永遠の仲間たち」(カン・ヒョンチョル監督)が、舞台を日本に移し、大根仁監督のメガホンにより「SUNNY 強い気持ち・強い愛」のタイトルで映画化される事が明らかになった。1990年代の珠玉のJ-POPや流行のファッションをちりばめながら脚本を再構築した大根監督のもと、篠原涼子、広瀬すず、真木よう子、小池栄子、ともさかりえ、渡辺直美という豪華女優陣が結集する。

 日本では12年5月に封切られた韓国版は、ボニー・Mの「サニー」、シンディ・ローパーの「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン」、映画「ラ・ブーム」でおなじみの「愛のファンタジー」など、70~80年代を代表する洋楽ヒットナンバーの数々が見る者たちの“追憶”を刺激し、日本でもリピーターが続出した。大根版でも青春音楽映画としての世界観は踏襲しながら日本の“色”を出し、夢と刺激で溢れていた高校時代と、かつての輝きを失った現在の2つの時代が交差して紡がれていく。企画・プロデュースは、川村元気。大根監督とは、「モテキ」「バクマン。」に続き3度目のタッグとなる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >