2017/10/02 07:00

岩田剛典を追い詰める斎藤工!「去年の冬、きみと別れ」緊迫の特報完成

特報映像で“岩田剛典VS斎藤工” (C)2018映画「去年の冬、 きみと別れ」製作委員会
特報映像で“岩田剛典VS斎藤工” (C)2018映画「去年の冬、 きみと別れ」製作委員会

 [映画.com ニュース] 「EXILE」「三代目J Soul Brothers」の岩田剛典の主演で、芥川賞作家・中村文則氏の小説を実写映画化する「去年の冬、きみと別れ」の特報映像が完成した。岩田扮する主人公・耶雲恭介が、女性焼死事件の容疑者・木原坂雄大(斎藤工)に追い詰められる姿など、緊迫のシーンを収録。人気声優の神谷浩史がナレーションを担当している。

 「土の中の子供」「掏摸(スリ)」「悪と仮面のルール」などで知られる中村氏の、“キャリア最高傑作”と称される同名小説を、「犯人に告ぐ」の瀧本智行監督のメガホン、「無限の住人」の大石哲也の脚本で映画化。新進気鋭のルポライター耶雲は、本の出版にこぎつけるために、盲目の美女が巻き込まれた不可解な焼死事件と、容疑者の天才写真家・木原坂の調査を開始する。だが事件の真相へと近づくなかで、耶雲は抜けることの出来ない“罠”にはまっていく。

 予告編は、耶雲が婚約者・百合子(山本美月)と見つめ合う場面から幕が上がり、幸せの絶頂にいた2人の人生が一変していくさまが映し出される。焼死事件の調査を開始した耶雲に対し、容疑者・木原坂は「君に覚悟はあるの?」と詰め寄る。さらに、木原坂は百合子の前にも姿も現し、不敵な笑みを浮かべる。終盤には、耶雲が炎の中で絶叫する衝撃的な場面も収録されている。

 「去年の冬、きみと別れ」は、18年3月から全国公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >