2017/10/03 08:00

中村高寛監督の代表作「ヨコハマメリー」10月21日からリバイバル上映!

「ハマのメリーさん」の半生に迫る ドキュメンタリー (C)2005 yokohamamary Partners
「ハマのメリーさん」の半生に迫る ドキュメンタリー (C)2005 yokohamamary Partners

 [映画.com ニュース] 神奈川・横浜生まれの禅僧ヘンリ・ミトワの波乱に満ちた人生に迫る「禅と骨」の公開を記念し、同作のメガホンをとった中村高寛監督の代表作「ヨコハマメリー」が、10月21日から東京・ポレポレ東中野ほかでリバイバル上映されることが決定した。

 本作は、歌舞伎役者のように顔を白く塗り、ドレスに身を包んで横浜の街角に立つ老娼婦、通称「ハマのメリーさん」の半生を追ったドキュメンタリー。本名も年齢すらも明かさず、戦後50年間、娼婦としての生き方を貫き通し、1995年冬に忽然と姿を消したメリーさんの真実を浮き彫りにしていく。本作がデビュー作となった当時30歳の中村監督が、関係者や昔の横浜を知る人々へのインタビューを試み、撮影開始から5年の歳月をかけて完成させた。また、中村監督自身が執筆し、今年8月に発売された「ヨコハマメリー かつて白化粧の老娼婦がいた」(河出書房新社刊)も大きな話題を呼んでいる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >