2017/10/03 19:53

中田秀夫監督“ロックな鬼才”ラブ・ディアス最新作は「絶対にスクリーンで見るべき」

中田秀夫監督と石坂健治氏
中田秀夫監督と石坂健治氏

 [映画.com ニュース] フィリピンの鬼才ラブ・ディアス監督がメガホンをとり、第73回ベネチア国際映画祭で金獅子賞(最高賞)を受賞した「立ち去った女」のトークショー付き試写会が10月3日、東京・渋谷の映画美学校で行われ、中田秀夫監督、東京国際映画祭プログラミングディレクターの石坂健治氏が出席した。

 全編モノクロの本作は、殺人の罪で30年間投獄されていた無実の女ホラシアが歩む“復讐の旅”を、美しくも徹底的な長回しとロングショットを駆使して3時間48分で描き出す。Jホラーの名手として知られる中田監督だが、実は日本でも有数のフィリピン映画通だ。80年代当時“アジアのハリウッド”とも呼ばれ隆盛を誇っていた同地に渡ってリサーチを重ね、母校・東京大学の卒業論文は50年代黄金期の作品を中心とした「フィリピン映画研究」をテーマにしていたようだ。

 「戦後である50年代の作品には、フィリピンの土着文化、カソリックに強い影響を受けている。そしてアメリカの文化。その3つの要素が絶妙にミックスされ、映画文化が花開いた時代だと思う」と分析した中田監督。その言葉を受けた石坂氏は、フィリピンでは中田監督作品が絶大な人気を誇っていることを明かすと「フィリピンを舞台に撮らないんですか?」と問いかけた。すると、中田監督は「2年前に香港国際映画祭で出会った方との企画が今でもあります。フィリピンの伝統的なゴーストストーリーをベースに、日本人も登場する。日本の占領下で軍人たちがとんでもないことをしたという血塗られた歴史もあるので、そのような要素を含めた脚本を書いてもらっている状態です」と応えていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >