2017/10/05 20:00

初音映莉子&高良健吾の“大人の色気”漂うラブシーン 「月と雷」映像披露

20年ぶりに再会した男女の、 儚く艶やかなラブシーン (C)角田光代/中央公論新社 (C)2017「月と雷」製作委員会
20年ぶりに再会した男女の、 儚く艶やかなラブシーン (C)角田光代/中央公論新社 (C)2017「月と雷」製作委員会

 [映画.com ニュース] 初音映莉子と高良健吾のダブル主演で直木賞作家・角田光代氏の小説を実写映画化する「月と雷」の新映像が、このほど披露された。初音と高良が演じた、大人の色気が漂う儚くも艶やかなラブシーンを収めている。

 「八日目の蝉」「紙の月」などで知られる角田氏の同名小説を原作に、「海を感じる時」の安藤尋監督によるメガホン、「人のセックスを笑うな」の本調有香による脚本で映画化。幼少期に母が家出し、普通の家庭を知らぬまま大人になった泰子(初音)の前に突然、20年前に半年だけ共に暮らしていた亡き父の愛人の息子・智(高良)が現れ、“普通の生活”を求めていた泰子の人生が変わり始めていくさまを描いた。

 映像は、20年ぶりに再会した泰子と智が寝床に就く模様を映し出している。うとうとと眠っていた智に、泰子は「あれ、したいな。子どもの時、してくれたやつ」と背中を預ける。そして2人は、離れていた時間を埋めるように、距離を縮めていく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >