2017/10/06 05:00

毎熊克哉“眼力”で大抜てき! 吉永小百合主演作「北の桜守」で熱演披露

佐藤浩市扮する闇米商の助手役に
佐藤浩市扮する闇米商の助手役に

 [映画.com ニュース] 第28回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門で作品賞を受賞した「ケンとカズ」で注目を集めた俳優・毎熊克哉が、吉永小百合の120本目の出演作となる「北の桜守」に参加していることがわかった。第71回毎日映画コンクールでは「ケンとカズ」での演技が高く評価され、スポニチグランプリ新人賞を獲得した毎熊。その表彰式の場で、運命の出会いが待ち受けていたようだ。

 「おくりびと」で米アカデミー賞外国語映画賞を戴冠した名匠・滝田監督がメガホンをとった今作は、北海道を舞台にした「北の零年」「北のカナリアたち」に続く“北の三部作”の最終章。戦中から戦後にかけて北の大地で懸命に生きた親子の約30年にわたる軌跡を描く。毎熊は、終戦時に樺太から引き揚げてきた江蓮てつ(吉永)とその息子修二郎を救う闇米商・菅原信治(佐藤浩市)の助手・岩木役を演じている。

 2月に行われた第71回毎日映画コンクールの表彰式。当時29歳で新人賞を獲得した毎熊の才能を見逃さなかったのは、本作の製作総指揮を務める東映の岡田裕介会長だった。「岩木役は他にも色々と候補者がいたのだが、すでに決まっていた出演者はどの方も一線で活躍する名優たち。 一人くらいは若い人を抜てきしたかった。毎熊君は、目力…眼力があった」と式の場で自らオファーしたようだ。「彼にとっても、この時期に名のある俳優と共演することは良いことだと思った。僕らが育てるなんておこがましいが、昔の東映映画に出ていた俳優のような、怖さが出せる俳優になってくれたら」と思いの丈を述べている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >