2017/10/06 11:00

ニコール・キッドマン、日系人女性監督カリン・クサマの新作で警官役

ニコール・キッドマン&カリン・クサマ監督 Photo by Tibrina Hobson/Getty Images、 Photo by Don Arnold/WireImage
ニコール・キッドマン&カリン・クサマ監督 Photo by Tibrina Hobson/Getty Images、 Photo by Don Arnold/WireImage

 [映画.com ニュース] オスカー女優のニコール・キッドマンが、かねてキッドマンにラブコールを送っていた「ガールファイト」「ジェニファーズ・ボディ」などで知られる日系人女性監督カリン・クサマの新作クライムスリラー「Destroyer(原題)」に、米ロサンゼルス市警の警官役で出演することがわかった。米Deadlineなどが報じている。

 映画は、ロサンゼルス市警の警官であるエリン・ベル(キッドマン)を主人公にした物語。新人警官だった頃のベルは、カルトじみたギャングへの潜入捜査を行い、悲惨な経験をしていた。時を経て、ギャングのリーダーが再び姿を現し、ベルは自らの過去を破壊した者たちと対峙することになる。脚本は、クサマ監督作「インビテーション」を手掛けたフィル・ヘイ&マット・マンフレディのコンビが執筆した。

 キッドマンは、5月に開催された第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された出演作「ザ・ビガイルド(原題)」の会見中に、「2016年に製作された主な映画のうち、女性監督によるものはたったの4.2%です」と訴えていた。豪シドニー・モーニング・ヘラルドのインタビューでは「女性監督の作品に出演するのは必要なこと。これが統計を変える唯一の方法だから。少なくとも18カ月に1度は女性監督の作品を選んで出演するわ」と宣言しており、今作でその宣言どおりクサマ監督とのタッグを実現させた形となった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >