2017/10/06 23:09

浦沢直樹、創作の秘訣はリベンジ精神! 手塚眞監督は“ジャンル越境論”を提唱

様々な才能が集った
様々な才能が集った

 [映画.com ニュース]1985年に公開された「星くず兄弟の伝説」から30年以上の時を経て、リメイクでも続編でもない、新たなコンセプトで製作された映画「星くず兄弟の新たな伝説」のライブイベント“星くずサロン”が10月6日、東京・代官山のライブハウス「晴れたら空に豆まいて」で行われ、手塚眞監督、中川翔子、漫画家・浦沢直樹氏が参加した。

 18年1月20日の「星くず兄弟の新たな伝説」劇場公開に向けて、手塚監督がホストとなり、縁のあるゲストを招く定期のライブイベント“星くずサロン”。手塚監督と亡き父が旧知の仲だった中川は作品をいち早く鑑賞したらしく「全編音楽がものすごく素晴らしかった」と絶賛。手塚治虫原作「上を下へのジレッタ」ミュージカル版に出演していたため「舞台と手塚作品の融合はどう見ていますか?」と質問を投げかけると、手塚監督は「手塚作品は、設定が極端だから舞台向きだと思っていますね。映画でリアルに表現しようとすると、逆におかしく見えてしまう。一方で漫画チックに描いても変になってしまうから」と分析していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >