2017/10/07 13:08

北野武、新たなバイオレンス映画のギャラは車代のみ!?「仲代さんは500円」

男だらけの初日挨拶
男だらけの初日挨拶

 [映画.com ニュース] 北野武監督が裏社会に生きる男たちの抗争を描く人気シリーズの最終作「アウトレイジ 最終章」が10月7日、全国287館で封切られ、北野監督をはじめ、出演の西田敏行、大森南朋、ピエール瀧、松重豊、大杉漣、金田時男が、東京・新宿ピカデリーで行われた舞台挨拶に出席した。

 関東最大の暴力団組織・山王会と関西の雄・花菱会との抗争後、韓国に渡り、裏社会を牛耳るフィクサー、張会長(金田)のもとに身を寄せた大友(ビートたけし)は、張グループと花菱の間に巻き起こったトラブルを機に、因縁に終止符を打つために帰国する。時を同じくして、花菱会ではトップの座をめぐる幹部たちの暴走が始まっていた。

 ステージに上がった西田が、開口一番「本日は小説『アナログ』(著:ビートたけし)の販売促進会においでいただき、誠にありがとうございます。おかげさまをもちまして、沢山おいでいただき、感謝に堪えません。心から御礼申し上げます」とギャグを交えて挨拶すると、会場は大盛り上がり。本作を象徴する“誰が生き残るのか”というテーマにちなみ「役者の世界で生き残る術は?」と問われると、「とにかく風が吹く方に向かって、尻尾を振りながら歩いていく。これが生き残る方法だと思います。答えになっていますでしょうか?(笑)」と切り返し、さらに場内を沸かせた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >