2017/10/07 14:32

初音映莉子&高良健吾、安藤尋監督の“タバコ事情”で意見対立「やめて」「吸い続けて」

初日挨拶に立った初音映莉子&高良健吾
初日挨拶に立った初音映莉子&高良健吾

 [映画.com ニュース] 直木賞作家・角田光代氏の小説を実写映画化した「月と雷」が10月7日、全国16館で公開された。ダブル主演を務めた初音映莉子と高良健吾をはじめ、共演の草刈民代、メガホンをとった安藤尋監督が、東京・テアトル新宿での舞台挨拶に立った。

 「八日目の蝉」「紙の月」などで知られる角田氏の同名小説を、「海を感じる時」の安藤監督のメガホン、「人のセックスを笑うな」の本調有香による脚本で映画化。幼少期に母が家出し、普通の家庭を知らぬまま大人になった泰子(初音)の前に、亡き父の愛人である直子(草刈)の息子・智(高良)が現れ、静かな日々が揺らいでいくさまを描く。

 「安藤監督の印象」を問われた初音は、「楽しそうに撮影をされている日があって。『こんなに楽しそうに撮っている人は見たことがない』というくらい、印象的でした」と明かす。一方の高良は、「監督は撮影部、照明部、俳優部として、それぞれに接してくれる。部署が考えたことを尊重し、大切にしてくれるので、ある意味厳しいなと思いましたし、優しいなとも思いました」と振り返った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >