2017/10/08 12:00

苦楽を共にした菅田将暉&ヤン・イクチュンが垣間見せた、揺るぎないつながり

菅田将暉&ヤン・イクチュン
菅田将暉&ヤン・イクチュン

 [映画.com ニュース] 寺山修司の唯一の長編小説を映画化した「あゝ、荒野」で菅田将暉とヤン・イクチュンは孤独と闘い、自身の存在価値を見いだすためにボクシングに打ち込んだ。鍛え上げられたしなやかな筋肉が躍動し、互いの思いが交錯する2人の戦いは凄絶で切なく、そして美しい。

 菅田は当然、リアルタイムでは寺山修司にふれていないが、蜷川幸雄氏が2011年に「あゝ、荒野」を「嵐」の松本潤、小出恵介主演で舞台化。自身も2014年に蜷川氏の舞台「ロミオとジュリエット」に主演しただけに、オファーには運命的なものを感じずにはいられない。

 「今思えば、蜷川さんのことを思い出しましたね。見てほしかったなあという気持ちもありつつ、どこかで届けという思いもあったのかなと」

 少年院から出たばかりで家も職もなく行き場のない怒りに身を任せて生きる沢村新次と、きつ音と対人恐怖症に悩み自我を解放させたいと願う二木建二。2人は元ボクサーの堀口の誘いでボクシングと出合い、プロを目指していく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >