2017/10/10 16:45

出会いから56年 山崎努&樹木希林「モリのいる場所」で“奇跡”の初共演!

沖田監督は山崎と樹木の共演を“奇跡”と表現
沖田監督は山崎と樹木の共演を“奇跡”と表現

 [映画.com ニュース] 日本を代表する俳優の山崎努が「死に花」以来13年ぶりに映画主演を務める「モリのいる場所」(沖田修一監督)に、樹木希林が出演していることがわかった。山崎と樹木の出会いは、1961年、ともに所属していた「文学座」でのこと。唯一無二のキャリアを築き、日本映画界を盛り上げてきた名優2人が、56年の時を経て、初共演を果たすことになった。

 本作は、昭和49年、自宅の庭でひたすら虫、鳥、草花を見つめ“仙人”と呼ばれた97歳の画家・熊谷守一が過ごす、ある夏の1日をフィクションとして描くもの。30年間ほとんど外へ出ることなく、庭の生命を見つめ描き続けた伝説の画家・熊谷守一ことモリ(山崎)と、彼を愛する人々の、可笑しくも温かな1日の光景をとらえている。樹木は、モリを陰日向になって支える妻・秀子に扮する。

 山崎は「特別優れた才能は知っていたが、予想以上、はるかにすばらしい女性俳優だった」「さり気なく庭の小さな野花を摘み、全身を弾ませて祝福するようにモリカズに投げる演技は圧巻で、見ていて胸が熱くなった。76歳の老妻が少女になっていた」と樹木との撮影の日々を振り返る。そして「アシスタントもマネージャーもいない。何もかも一人でやる。女優業はもちろん家事も好きらしい。人にやさしくて、ちょっと意地悪で、好奇心旺盛。なんと日本全国の土地の値段にまで関心を持つ。僕はこれまでの人生でこんな個性に出会ったことがない」と胸中を吐露している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >