2017/10/10 18:00

「彼女がその名を知らない鳥たち」で新境地!白石和彌監督、キャスティングの秘けつを明かす

映画評論家の松崎健夫氏(写真右)と共に
映画評論家の松崎健夫氏(写真右)と共に

 [映画.com ニュース] 蒼井優、阿部サダヲ、松坂桃李、竹野内豊が顔をそろえた「彼女がその名を知らない鳥たち」のトークイベントが10月8日、都内で行われ、メガホンをとった白石和彌監督と映画評論家の松崎健夫氏がトークを繰り広げた。

 「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」で知られる白石監督が、吉高由里子主演作「ユリゴコロ」(公開中)の原作も手がけた沼田まほかる氏の人気小説を映画化。金も地位もない15歳年上の男・陣治(阿部)と同棲中の十和子(蒼井)は、8年前に別れた恋人・黒崎(竹野内)のことが忘れられず、黒崎の面影がある妻子持ちの男・水島(松坂)と関係を持ってしまう。ある日、黒崎が行方不明であることを告げられた十和子は、事件に陣治が関係しているのではないかという疑いを抱く。

 松崎氏は「蒼井優さんが怪物的だと感じるほどの熱演を披露していたので、年末の映画賞に絡むと思います!」と絶賛。その言葉を受けた白石監督は「びっくりするぐらい手がかからない女優さんで、竹を割ったような性格の方でした。印象として、蒼井さんは憑依型の女優だと思います。恐らく20代の間に経験値を積んで、演技幅のコントロールができるようになっていると思うのですが、時々入り込み過ぎて破りさる(演技が制御を上回る)瞬間があるんです。見ていてエンタテインメントな気持ちにさせてくれて、本当に楽しくてしょうがなかった印象です」と初タッグとなった蒼井の魅力を語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >