2017/10/10 19:00

ロブ・ライナー監督、ワールドプレミアの反響に感激 ビッグネームで湧いたチューリッヒ映画祭

ロブ・ライナー監督の新作「Shock and Awe」がワールドプレミア上映
ロブ・ライナー監督の新作「Shock and Awe」がワールドプレミア上映

 [映画.com ニュース] 10月8日に閉幕したスイスのチューリッヒ映画祭で、ロブ・ライナー監督の新作「Shock and Awe」がワールドプレミア上映され、満場のスタンディングオベーションとともに大きな反響を巻き起こした。ライナー監督自らが、「こんなに歓迎されたことは僕の映画人生で初めてだ」と驚きの声を漏らしていた。

 本作はアメリカのイラク進行後、当時のブッシュ大統領が侵攻の理由にしたイラクの大量破壊兵器保持が嘘だった、ということを暴いた実在のジャーナリストたちの姿を描く。地道に調査活動を続ける現場の記者の上司役には、俳優でもあるライナー自身が扮したほか、ウッディ・ハレルソン、ジェームズ・マースデン、トミー・リー・ジョーンズらが共演。アカデミー賞を受賞した「スポットライト」をややエンタテインメント寄りに仕立てたような作風で、記者たちが一歩一歩真実に迫るさまを追う。

 チューリッヒにはモデルとなり、映画製作にも協力したニュースエージェンシー、Knight Ridderの記者3人も同行し、記者会見に参加した。ライナー監督は会見で、「当時誰も信じようとしなかった事実を明るみに出した記者たちの活動は素晴らしい。彼らのような健全なジャーナリズムをサポートすることなしには、民主主義は成り立たない。この映画がいまのような時代にインパクトを与えることを願っている。それがこの作品を作った理由だ」と語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >