2017/10/10 20:00

押井守監督実写映画第3弾、撮影場所は山形にある脚本家・伊藤和典実家の映画館

劇場版「うる星やつら」などを 手掛けた脚本家の伊藤和典
劇場版「うる星やつら」などを 手掛けた脚本家の伊藤和典

 [映画.com ニュース] 山形県内各所で開催中の「山形国際ドキュメンタリー映画祭2017」で10月9日、押井守監督の1992年の実写映画「トーキングヘッド」が上映された。この日の上映後には、ゲストとして脚本家の伊藤和典が来場、自身の実家である映画館「上山トキワ館」で同作が撮影された経緯を振り返った。

 映画や資料などを通じて山形県内各所にあった映画館の姿を再検証する特集上映「銀幕よ甦れ! やまがた映画館異聞録」内の1本として上映された本作。ゲストには「機動警察パトレイバー2 the Movie」「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」といった押井守作品や、平成「ガメラ」シリーズなどの脚本家として知られ、本作では監督補佐としてクレジットされている伊藤が来場した。

 押井監督との出会いは「(アニメ制作会社の)スタジオぴえろでしたね。最初は制作進行と各話演出という関係性だったのが、その後、『うる星やつら』でシリーズ構成とチーフディレクターという関係性になったんです」と振り返った伊藤は、「(押井守の実写監督デビュー作)『紅い眼鏡』というのは、(声優の)千葉繁のプロモーションビデオを作ろうというところから始まったんですが、どうせ作るなら映画にしようとなり。それからカメラマンが、どうせ撮るなら16ミリフィルムではなくて、35ミリフィルムの方がいいとなり、今ある分量になったわけです」と説明した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >