2017/10/12 13:52

広瀬アリスが明かす、山崎賢人と「前世で1人だった」俳優は?

共演も多く、仲の良い3人
共演も多く、仲の良い3人

 [映画.com ニュース] 山崎賢人と広瀬アリスのダブル主演で人気作家・米澤穂信氏の学園ミステリー小説を実写映画化した「氷菓」の完成披露試写会が10月11日、東京・TOHOシネマズ新宿で行われ、山崎、広瀬、岡山天音、安里麻里監督が登壇した。

 コミカライズやアニメ化もされた人気小説「古典部シリーズ」を、「劇場版 零 ゼロ」の安里監督が映画化。姉の命令で廃部寸前の古典部に入った、無駄なことには情熱を割かない“省エネ主義”の折木奉太郎(山崎)が、好奇心のかたまりのお嬢様・千反田える(広瀬)とともに、校内で起こる不思議な出来事を解き明かす姿を描く。岡山と小島藤子が古典部のメンバーを演じ、本郷奏多がえるの伯父(高校時代)、斉藤由貴が事件のカギを握る司書にそれぞれ扮する。

 キャスト陣は、それぞれの役作りについて「無気力な感じを出そうとしました。あんまり感情をつけると(キャラクターから)外れてしまうので、そのラインを探しましたね」(山崎)、「好きなものに対して周りが見えなくなるのは一緒。元気よく明るく演じさせていただきました」(広瀬)と述懐。“自称データベース”の福部里志に扮した岡山は、共演も多くプライベートでもよく遊ぶという山崎との絡みを「ちゃんと向き合ってお芝居をするのは初めて。最初は恥ずかしくて吹いてしまった。いつも遊んでいるから、現場でどうしたらいいかわからなかった」と振り返った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >