2017/10/13 20:00

映画「クレしん」第26弾はカンフーが題材!しんのすけが“ノースタントアクション”

春日部の中華街「アイヤータウン」が舞台 (C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018
春日部の中華街「アイヤータウン」が舞台 (C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018

 [映画.com ニュース]人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の劇場版第26弾「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱~」の製作が決定し、2018年ゴールデンウィークに公開されることがわかった。中華街「アイヤータウン」を舞台に、しんのすけらカスカベ防衛隊の面々が“全編ノースタント”のカンフーアクションで大暴れする。

 故臼井儀人さんの漫画を原作とする、人気テレビアニメの劇場版シリーズ。第1作「映画 クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王」(1993)の公開以来、毎年高い人気を博しており、25周年記念作品にあたる「映画クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ」(17)は興行収入約16.2億円を記録した。

 あわせて特報映像も披露(https://www.youtube.com/watch?v=cAZ6bxY8wb0)。周囲を粉塵が覆うなか、屋根の上で軽やかに演舞するしんのすけの表情は真剣そのもの。流れるようなステップを踏む様子からは、アクションシーンへの迫力にも期待が高まる。最後は大股を広げ、眉をぴくぴく動かしながら豪快にラーメンをすする姿で締めくくられている。

 「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱~」は、「映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃」「映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」の高橋渉が監督を務め、「映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃」のうえのきみこが脚本を執筆している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >