2017/10/14 10:00

アンディ・サーキス「猿の惑星:聖戦記」で新たに直面した“猿を演じる難しさ”

卓越した演技力でシーザーを演じてきた (C) 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
卓越した演技力でシーザーを演じてきた (C) 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

 [映画.com ニュース] 1968年公開の名作「猿の惑星」につながる物語を描く世界的ヒットシリーズの最終章「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」(公開中)のインタビュー映像が、公開された。「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのゴラム役で知られ、本シリーズでは主人公のチンパンジー、シーザーを長らく演じてきたアンディ・サーキスが、作品の魅力を語っている。

 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」「猿の惑星:新世紀(ライジング)」に続く3部作の完結編。舞台は、前作から2年後。シリーズ第1作「猿の惑星」につながる、猿と人類の最後の戦いが描かれる。ベン・アフレック主演の「バットマン」の単独映画も決まっているマット・リーブス監督が手がけ、「グランド・イリュージョン」シリーズのウッディ・ハレルソンが、シーザーの家族を殺害する残忍な大佐に扮する。

 「本作はシーザーにとって特別だ」と語り始めたサーキスは、「人との戦争だけでなく、彼の中にある戦争、つまり内なる葛藤も描かれている。映画冒頭の出来事をきっかけに、彼の中で地獄のような苦悩が始まる。復しゅう心を抱かざるを得ないような出来事なんだ。苦悩の過程で、シーザーは生まれて始めて人に共感できなくなる。これまでとまったく違うシーザーが見られる。私も、俳優としての新境地だった」とシーザーに襲いかかる新たな試練について言及。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >