2017/10/14 14:00

内田裕也「十階のモスキート」をファンと鑑賞、胸中を吐露

内田裕也と崔洋一監督
内田裕也と崔洋一監督

 [映画.com ニュース] ロックンローラー・内田裕也が主演した映画「十階のモスキート」が10月13日、開催中の京都国際映画祭2017で上映され、内田とメガホンをとった崔洋一監督が、京都・TOHOシネマズ二条での舞台挨拶に出席した。同映画祭オープニングセレモニー前の取材(12日)では、右足甲骨折&肋骨のヒビ、そして1カ月間の入院生活を告白した内田。この日はファンと共に作品を鑑賞していたようで、崔監督らに支えられながら登壇すると「コンディションは良くないんですけど、万感胸に迫る思い。京都の地で上映できたことが感無量です。自分を俯瞰して見ながら、とてもストレンジな気持ちになりました」と胸中を吐露していた。

 崔監督のデビュー作となった本作は、京都府警の警察官不祥事にヒントを得て、管理社会に身を置く現代人の欲望と崩壊を描く。妻に離婚され、サラ金地獄に陥った警察官(内田)が郵便局強盗を企てるまでをつづる物語は、崔監督と内田が脚本を共同で執筆。主演の内田のほか、アン・ルイス、小泉今日子らも参加しており、崔監督は「金融会社の男(安岡力也)の背後にいるのは、カメオ出演してくれた若松孝二監督」「競艇場のシーンでは、僕もチラッと出ている」と明かしていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >