2017/10/14 19:00

健太郎「バッチバチに気合」入れて暴走族総長を熱演 主演作「デメキン」に手ごたえ

 [映画.com ニュース] 進境著しい若手俳優・健太郎が10月14日、京都国際映画祭2017の特別招待作品としてT・ジョイ京都で上映された長編映画初主演作「デメキン」(12月2日公開)の舞台挨拶に立った。

 お笑いコンビ「バッドボーイズ」の佐田正樹が自らの不良時代をつづった小説を、三池崇史作品で助監督として活躍した山口義高監督のメガホン、「百円の恋」「14の夜」の足立紳による脚本で実写映画化。周囲から“デメキン”と呼ばれ、いじめられていた正樹(健太郎)が、福岡最大勢力の暴走族「福岡連合」を率いる総長へと登りつめるさまを描いている。

 健太郎はこの日、佐田、主題歌を手がけたカナタタケヒロ(LEGO BIG MORL)、山口監督とともに登壇した。原作はもともと読んでいたそうで、「実写化されるんだ! という驚きとともに、自分が主人公を演じさせていただける事は素直に嬉しかった」とニッコリ。さらに、「これくらい振り切った不良を演じたことはなかった。生半可な気持ちではやれないと思って、バッチバチに気合入れた」と役作りを振り返る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >