2017/10/15 08:00

福原遥、ロバート秋山の鉄板ネタに“変化球”の感想で応酬!

舞台挨拶に立った福原遥、「ロバート」 の秋山竜次、高野舞監督
舞台挨拶に立った福原遥、「ロバート」 の秋山竜次、高野舞監督

 [映画.com ニュース] 人気若手女優・福原遥が初主演を飾った映画「女々演」が10月14日、開催中の京都国際映画祭2017の「TV DIRECTOR'S MOVIE」部門で上映され、福原のほか、出演した「ロバート」の秋山竜次、メガホンをとった高野舞監督が、TOHOシネマズ二条で行われた舞台挨拶に臨んだ。

 映画は、文化祭3日前に突然、絶対的なヒロインが辞めてしまった演劇部が舞台。残された4人の「微妙」な女子たちの本音、嘘といった、秘めていた思いが一気にぶつかり合うさまが描かれている。物語の内容とは対照的に「撮影現場は和気あいあいとしていた」という福原。「リアルな友達関係を出すために、休憩中もできるだけ一緒にご飯を食べたりしていました」と話すと、社会科の先生を演じた秋山について「待機場所が一緒だったんですけど、端の方で太陽に当たってたそがれていました」と暴露した。MCを務めた河本準一(次長課長)から「どんだけ肌を焼きたいんだよ!」と指摘された秋山は「肌を焼いているようで、実は女子のトークをしっかり聞いてたよ。若い子たちは今こんな話をするんだって。マジで先生みたいな感じでしたね」と振り返っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >