2017/10/15 12:30

森川葵×北村匠海×佐藤寛太、架空の世界で紡いだ普遍的な青春ラブストーリー

切ない三角関係を繰り広げた3人 (C)2017「恋と嘘」製作委員会 (C)ムサヲ/講談社
切ない三角関係を繰り広げた3人 (C)2017「恋と嘘」製作委員会 (C)ムサヲ/講談社

 [映画.com ニュース]ムサヲ氏による人気漫画を実写映画化した「恋と嘘」が、10月14日に公開される。16歳になると政府が“最良”の結婚相手を通知する近未来の日本を舞台に、切ない三角関係に陥る高校生を演じた森川葵、北村匠海、佐藤寛太に話を聞いた。(取材・文/編集部 写真/江藤海彦)

 舞台は、政府が遺伝子情報などをもとにマッチングした“最良”の結婚相手を決める「超・少子化対策法」が施行されている近未来の日本。16歳の誕生日に届く結婚相手を記した「政府公認夫婦斡旋通知」(通称:政府通知)を心待ちにしている女子高生・仁坂葵(森川)は、優しい幼なじみ・司馬優翔(北村)と、政府が選んだミステリアスなパートナー・高千穂蒼佑(佐藤)の間で揺れ動き、三角関係は思わぬ方向へ進み始める。

 原作では男子高校生ひとりと女子高生2人の恋模様が描かれるが、映画版は男女を逆転させたアナザーストーリーとなっており、プロデューサー陣と原作者のムサヲ氏が新たにキャラクターを作り上げた。偶然にも自身と同じ名前の主人公を演じた森川は、「今までも青春ラブストーリーっていっぱいあったけれど、ファンタジーな感じがあって新しい映画になったんじゃないかなと思っています」と仕上がりに自信をのぞかせる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >

おすすめキャンペーン