2017/10/16 00:00

ライアン・ジョンソン監督「最後のジェダイ」で目指した“ミドルムービー”の最高評価

取材に応じたライアン・ジョンソン監督
取材に応じたライアン・ジョンソン監督

 [映画.com ニュース]未だ神秘のベールに包まれながらも、12月15日の公開日が近づくにつれ、ファンの期待値が高まり続ける「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」。新たにシリーズを“再発進”させた「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のJ・J・エイブラムス監督からバトンを手渡されたライアン・ジョンソン監督は、驚きと創造性に満ちた中腹の物語によって、我々をどこに導こうとしているのか。(取材・文/編集部)

 多くのクリエイターにとって、決して見て見ぬふりはできない「スター・ウォーズ」シリーズ。“SW育ち”を自認するジョンソン監督が、初めて同シリーズに触れたのは、4歳の頃。「スター・ウォーズ」(1977)を見に行った時の記憶は鮮明に残っているようで「(劇場に向かうために)父が車に乗せてくれたこと」すら覚えているほどだ。やがて、芽吹き始めた創造力には、あるアイテムが欠かせなかった。「70~80年代、僕が小さかった頃は、今みたいに映画を繰り返し見ることができなかったんだ。だから映画のイメージに付随するおもちゃが、とても大きな意味を持っていた」と明かすジョンソン監督。「僕自身もおもちゃで遊ぶことで、頭の中でストーリーを作り始めたんです。若い世代にも共通することですが『スター・ウォーズ』はただの映画ではない。僕らが初めてクリエイティブな作業をするきっかけとなった作品なんです」と深い愛をにじませた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >