2017/10/16 12:00

「セブン・シスターズ」ノオミ・ラパスはどうやって7姉妹を演じ分けた?

アクションシーンも自ら挑戦 (C)SEVEN SIBLINGS LIMITED AND SND 2016
アクションシーンも自ら挑戦 (C)SEVEN SIBLINGS LIMITED AND SND 2016

 [映画.com ニュース] 「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」や「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム」、「プロメテウス」で知られ、「セブン・シスターズ」で1人7役に挑戦したノオミ・ラパスが、作品の舞台裏を語った。

 2073年の近未来。度重なる戦争で主要国は滅び、「ヨーロッパ連邦」が超大国として君臨していた。人口過多と食糧不足から、政府は厳格な“一人っ子政策”を発令。2人目以降の子どもは冷凍保存されるという状況のなか、偶然生まれた7つ子は、週に1日ずつ外出し、共通の人格を演じることで監視の目をくらませてきた。だが、ある日“マンデー(月曜日)”が失踪したことから、姉妹の日常が狂い始める。

 ラパスは本作で、真面目な優等生、自由奔放なヒッピー、血気盛んな武闘派、反逆者、天才エンジニア、パーティガール、仲裁役といった個性も容姿もバラバラな7人を見事に演じ分けている。「観客が7人のキャラクターとして信じて見てくれるかどうか不安ではあったわ」と吐露しつつ、「でも正直、完成した映画を見たときに、自分1人が演じているということを忘れてしまった。それは監督や撮影監督率いるチームが素晴らしい形で編集を仕上げたから。自分自身を映画で見るのはあまり好きではないけれど、この映画は見てしまったの」と不安は杞憂に終わったようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >