2017/10/16 15:00

マーベル「ガンビット」にゴア・バービンスキー監督

ゴア・バービンスキー Photo by Mark Sagliocco/Getty Images
ゴア・バービンスキー Photo by Mark Sagliocco/Getty Images

 [映画.com ニュース]「X-MEN」シリーズのスピンオフ映画「ガンビット(原題)」を企画中の米20世紀フォックスが、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズで知られるゴア・バービンスキー監督と交渉中であることがわかった。米ハリウッド・レポーターが報じている。

 チャニング・テイタム演じる主人公のガンビットことレミー・ルポーは、ニューオーリンズ出身のミュータント。トランプを使って物体に破壊エネルギーをチャージできる特殊能力と女好きのアウトローというユニークな設定から、マーベル・コミックスの数あるヒーローの中でも特に人気の高いキャラクターだ。

 主演のテイタムがリード・キャロリン、サイモン・キンバーグと共にプロデューサーを務める本作は当初、「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」のルパート・ワイアット監督がメガホンをとるはずだったが、スケジュールの都合で降板。その後、ダグ・リーマン監督(「オール・ユー・ニード・イズ・キル」)に白羽の矢が立ったものの交渉成立には至らず、製作が滞っていた。

 フォックスは全米公開日を2016年10月7日と発表していたが、製作の大幅な遅れから現段階で公開日は決まっていない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >