2017/10/17 08:00

松坂桃李×三浦大輔監督、舞台版よりハードな映画版「娼年」で再タッグ!

 [映画.com ニュース] 石田衣良氏の直木賞候補となった人気小説「娼年」が、三浦大輔監督、松坂桃李主演で映画化されていることが明らかになった。性の極限を描き大きな話題を呼んだ原作だが、昨年8月に三浦演出、松坂主演で舞台化されると話題騒然となり、チケットはソールドアウトが続出。そして今回再び三浦監督と松坂が相まみえ、映像表現の限界に挑戦する。舞台版はR-15指定だったが、映画では製作サイドが成人指定も辞さない覚悟で撮影を敢行したようだ。

 同作の主人公・森中領は、大学生活に退屈し、バーでのバイトに明け暮れるなど無気力な毎日を送っているという設定。ある日、領の友人でホストの田島進也が、客の御堂静香をバーに連れてくるところから物語が動き出す。恋愛や女性に「興味がない」という領に“情熱の試験”を受けさせた静香は、自らがオーナーを務める秘密の会員制ボーイズクラブで働かせるようになる。当初は戸惑った領だが、「娼夫」として仕事をしていくなかで女性ひとりひとりの中に隠された欲望の奥深さに気付き、心惹かれ、やりがいを見出していく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >