2017/10/17 14:00

入江悠監督&柄本佑「見るとざわつく映画」 伝説的傑作「動くな、死ね、甦れ!」を語る

 [映画.com ニュース] ビターリー・カネフスキーの伝説的傑作「動くな、死ね、甦れ!」のHDリマスター版公開を記念し10月16日、渋谷ユーロスペースで入江悠監督と俳優の柄本佑によるトークイベントが行われた。

 カネフスキー監督54歳での実質デビュー作で、少年時代を過ごした旧ソ連の炭鉱町・スーチャンを舞台に、ストリートチルドレンのパーベル・ナザーロフを主演に抜擢し、鋭敏な自身の少年時代の記憶をもとに、不良ぶる12歳の少年ワレルカと幼なじみの少女ガリーヤとの淡い恋を鮮烈な映像で描きだす。1990年、第43回カンヌ国際映画祭でカメラドールを受賞し、世界を驚嘆させた。

 入江監督、柄本ともにシネフィルとして知られるふたり。柄本は今回3度目の観賞だったそうで、「見た後ざわつく映画。すぐに言葉にするのは難しく、本当は背中を丸めて帰ったほうがよいのかもしれないけれど……」と作品の力に圧倒された様子で「『大人は判ってくれない』を思い出すけれど、風土のせいなのか、硬く感じた」と感想を述べる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >