2017/10/17 18:00

東京国際映画祭「CROSSCUT ASIA」部門上映作品13本が決定!

東南アジアの名監督たちが推薦 (C)DNY_PRODUCTIONS (C)Eichef Media \ Films 2016 (C)Giraffe Picture Pte Ltd, E&W Films, A Girl And A Gun 2017
東南アジアの名監督たちが推薦 (C)DNY_PRODUCTIONS (C)Eichef Media \ Films 2016 (C)Giraffe Picture Pte Ltd, E&W Films, A Girl And A Gun 2017

 [映画.com ニュース] 第30回東京国際映画祭(10月25日~11月3日)で特集される「国際交流基金アジアセンター presents CROSSCUT ASIA #4 ネクスト!東南アジア」部門の上映作品が、このほど出揃った。今回は、ASEAN(東南アジア諸国連合)設立50周年を記念し、東南アジアの名監督たちが推薦する若手監督の作品を長編、短編を交えて幅広く紹介する。

 「ノルウェイの森」のトラン・アン・ユン監督推薦の1本は、ファン・ダン・ジー監督作「大親父と、小親父と、その他の話」。刺激的な都会と田舎の村を舞台に3人の若者が織りなす人間模様を描いた。カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作「ブンミおじさんの森」でも知られるアピチャッポン・ウィーラセタクン監督が推薦するのは、「4月の終わりに霧雨が降る」。同作が長編デビューとなるタイのウィットチャーノン・ソムウムチャーンが監督・脚本を手がけ、失業して故郷に帰った青年が織りなすドラマを、監督自身の家族へのインタビューなどを交えながら描いた実験的作品に仕上がっている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >