2017/10/19 18:00

ダグ・リーマン「バリー・シール」の監督を引き受けた意外な理由とは?

トム・クルーズとは2度目のタッグ (c) Universal Pictures
トム・クルーズとは2度目のタッグ (c) Universal Pictures

 [映画.com ニュース] 麻薬密輸で莫大な財産を手にした実在のCIAエージェントを描いたクライムアクション「バリー・シール アメリカをはめた男」を手がけたダグ・リーマン監督が、作品にかけた思いを語った。

 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のリーマン監督とトム・クルーズの再タッグ作。天才的な操縦技術を持つ民間航空会社のパイロット、バリー・シール(クルーズ)のもとに、CIAのエージェント(ドーナル・グリーソン)がスカウトに現れる。極秘作戦の偵察機パイロットに転身したバリーは、作戦の過程で麻薬王パブロ・エスコバルらと接触。“運び屋”としても才覚を発揮し始め、ホワイトハウスやCIAの命令に従いながら、同時に違法な密輸ビジネスで巨万の富を築いていく。

 リーマン監督は、クルーズ共々この作品に興味を持った理由を「トム(・クルーズ)も僕もパイロットの経験があるんだ。二人とも、CIAにスカウトされたパイロットだというバリー・シールのキャラクターに強くひかれた。バリーの破天荒な性格以上に、パイロットとしての腕にね。飛行機を使ったアクションシーンやチェイスシーンができる絶好の機会を喜んだよ。他の映画では車を使うところでも、この作品では飛行機が使えるからね」と飛行機乗りならではの目線で語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >