2017/10/19 18:00

國村隼、映画人としての矜持のぞかせる「言葉も国もカルチャーも弊害にはならない」

会見した國村隼
会見した國村隼

 [映画.com ニュース] ベルギー、フランス、カナダの3カ国合作映画「KOKORO」の会見が10月19日、ベルギー大使館で行われ、メガホンをとったバンニャ・ダルカンタラ監督、出演の國村隼、ギュンテル・スレーワーゲン駐日ベルギー王国大使が出席した。

 「奇跡のひと マリーとマルグリット」の仏女優イザベル・カレが主演を務め、國村、安藤政信、門脇麦ら日本の実力派俳優が共演した本作は、心に深い傷を負った人間が再生していくさまを描いた人間ドラマ。ベルギー出身のダルカンタラ監督は、本作の舞台となった日本での会見に対し「本作品がようやく“帰還”しました。ホームタウンの日本に戻ってきました。これは何よりも望んでいたこと」と喜びを語る。

 國村の魅力を問われたダルカンタラ監督は、「日本の名優のひとりであり、国内外の監督が國村さんの演技に魅了されている。私もそのひとりです」と言い、「シリアスな演技をなさると恐怖に似たものを感じる。同時に、笑顔の時には子供のような表情をなさる。そのギャップが大好き」とニッコリ。「初めてお会いした時、お互いの間に流れる“大事な雰囲気”を感じました」と振り返り、「主演のイザベル・カレさんに会って、そして國村さんに会って『この2人なら大丈夫。絶対にうまくいく』という確信を持てました」と深い信頼を寄せた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >